スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

引きずり20キロ、元運転手に一部無罪=走行車線で停車、追突受け発進-常磐道事故(時事通信)

 茨城県内の常磐自動車道で走行車線に大型トラックを停車中追突され、車両を引きずったまま約20キロ走行し追突車の運転手を死亡させたとして、自動車運転過失致死と道交法違反(救護義務違反など)の罪に問われた元トラック運転手高橋重義被告(60)の判決公判が29日、水戸地裁であった。河村潤治裁判長は自動車運転過失致死罪のみ成立を認め、禁固2年、執行猶予3年とし、道交法違反罪については無罪を言い渡した。検察側は懲役3年6月を求刑していた。
 河村裁判長は、過労状態での運転や強い眠気から、被告の状況把握能力などが低下していたことは否定できないと指摘。「追突の衝撃を荷崩れと思い込み、未必的にも事故と認識できなかったのは無理もない」などとして、道交法違反罪は成立しないとした。しかし、追突後、再発進する際にサイドミラーだけでなく、十分後方確認していれば、被害者を死亡させることはなかったと述べた。 

【関連ニュース】
パトカー追跡中、3台衝突事故=巡査部長ら2人死亡
「事故起こし逃走した」=米兵聴取、追突認める
プロ競輪選手、はねられ死亡=国道を練習走行中
下士官の女、米軍が拘束=当て逃げ、飲酒運転か
被害者参加人、被告殴る=死亡事故、無罪主張に

<小惑星探査機はやぶさ>地球帰還が確実に 軌道に到達(毎日新聞)
<学生将棋選手権>早稲田大Aが優勝…団体戦(毎日新聞)
業務用メールで「つきあって」…焼津市職員停職(読売新聞)
平成の大合併に幕=改正特例法が成立(時事通信)
<地震>北海道・小樽などで震度3=午前10時3分(毎日新聞)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。